游美日本 - 世界最高の美容技術をあなたのためにお届けします

HOME >> 主な美容施術についてのご説明
主な美容施術についてのご説明
ヒアルロン酸注入(顔)

施術内容
ヒアルロン酸注入(顔)
ヒアルロン酸を注射器で注入する治療法です。日本では、シワ治療、隆鼻・顎の輪郭形成において、メスを使わない美容施術「プチ整形」ともよばれ、短時間ですぐに効果を感じられる非常に人気のある施術です。
ヒアルロン酸は、もともと体内にある成分で保水力に優れ、肌のハリや弾力、潤いをたもちます。この成分を注入することで、目尻のしわや法令線などの「線」を消すだけでなく、目の上のくぼみや目の下のくま、こけた頬など皮膚を面で持ち上げて、影をなくすこともできます。また、唇に注入して、ふっくらと魅力的な印象にしたり、顎や額の形を整えることで、顔全体の輪郭を調整し、立体的にデザインすることもできます。
他の施術と比べてダウンタイムがほとんどなく、持続期間は半年から1年程度です。ごく少量の注入だった場合や、新陳代謝が非常に激しい場合などに、稀に数ヶ月くらいで消失することもあります。

施術費用
(日本円)20万円~ (施術部位数、注入量によります)

施術時間
約15分 (前後に準備として別途30分必要)

ダウンタイム
ほぼ無し (施術当日は、シャワー、洗顔は可能ですが、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)
ヒアルロン酸注入(豊胸)

施術内容
ヒアルロン酸注入(豊胸)
ヒアルロン酸を注射器で胸に注入し、バストを豊かにする治療法です。世界中で、日本が最も進んだ分野です。
ヒアルロン酸を胸に注入することで、豊かなバストに仕上げることができ、少量ずつ数回に分けて注入することにより、自然に胸が豊かになったようにも、一度で豊胸することも可能です。また、胸の大きさの左右差を整えたり、出産・授乳で下垂した胸を改善したり、立体的なデザインができます。永久型インプラントと比べ、安全性が高く、マッサージも不要です。局所麻酔のみで施術が可能であり、術後すぐにお帰りいただけます。他の施術と比べて、傷口がほとんど目立たず、ダウンタイムも少ないのが特徴で、持続期間は1-2年程度です。ごく少量の注入だった場合や、新陳代謝が非常に激しい場合などに、稀に数ヶ月くらいのこともあります。

施術費用
(日本円)100万円~ (施術部位数、注入量によります)

施術時間
約40分 (前後に準備・静養時間として別途1時間必要)

ダウンタイム
ほぼ無し (施術当日は、傷口を濡らさないようにしてシャワーは可能ですが、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)
注入直後は胸が張る感覚があります。また、稀に内出血が生じた場合もありますが、いずれも2週間程度で落ち着きます。(うつ伏せ寝や、ブラジャーでの強い締め付けは、術後1ヶ月間は避けてください)
二重まぶた施術(切開法・埋没法)

施術内容
二重まぶた施術(切開法・埋没法)
まぶたを二重にすることにより、目元に変化をあたえ、顔全体の印象をかえる施術です。
施術方法は、大きく分けて2種類あり、まぶたを二重にしたいラインにそって切開し、組織を除去して縫合する「切開法」と、まぶたを特殊な糸で留める(1~3か所)ことによりラインを作る「埋没法」があります。
それぞれに特徴があり、切開法は、切開部位の大きさにより、全切開法と部分切開法があります。くっきりとした二重のラインが持続する反面、腫れが伴います。また、切開した際に瞼の余分な脂肪を取ることも可能であり、希望の幅でラインを作ることができます。
埋没法は、メスを使わない いわゆる「プチ整形」の一種であり、手術時間やダウンタイムが少ない反面、瞼の脂肪が多い方はラインが取れてしまうこともありますが、将来希望が変化した場合にも、もとに戻すことが可能です。

備考
二重まぶた施術に加えて、目頭切開法(蒙古ヒダを切除して目を大きく見せる)や、目尻切開法を併せて行うことで、より目を大きく、華やかにすることができます。

施術費用
(日本円)20万円程度

施術時間
埋没法 約20分  切開法 約1時間(前後に準備・静養時間として別途30分必要)

ダウンタイム
埋没法 数日程度  切開法 1~2週間程度
(施術当日は、シャワー、洗顔は可能ですが、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください。また、腫れがひくまで施術部位周囲のお化粧は控えて下さい)
レーザー治療

施術内容
医療用の機械により発生させた強力な光(レーザー光線)を照射することにより、シミやソバカスを改善するなどの治療効果を得る施術です。
日本では、様々な用途に応じて、たくさんの医療用レーザー機器が導入されており、おそらく、世界で最もレーザー機器が普及している国です。
体内にできた結石を破壊したり、花粉症の治療、角膜を切開する近視矯正手術(レーシック)といった施術のほか、美容分野では、アザ(太田母斑)シミ(老人性色素斑)、ソバカスといった病変や、刺青の消去なども可能で、ホクロやイボの除去、脱毛、シワ・毛穴の引き締め・肌質改善といったスキンケアもできます。
また、肌内部のコラーゲンに働きかけ、肌のタルミ改善も可能です。
最近では、痛みが少ない機械も多く出ており、施術後すぐに化粧をして帰ることができるものも多くあります。

施術費用
(日本円)20万円~ (施術部位数、照射範囲によります)

施術時間
約30分 (前後に準備・静養時間として別途30分必要)

ダウンタイム
ほぼ無し (施術当日は、シャワー、洗顔は可能ですが、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)
照射の前後2週間は、日焼けをしないようにしてください。
脂肪吸引

施術内容
脂肪吸引
皮下脂肪の付き過ぎた部分(腹部・腰回り、背中、お尻、太もも、二の腕など)から永久的に脂肪組織を除去し、体型を整える為の治療です。
脂肪吸引は、外科的手術で、希望部位だけを短期間で確実に、直接脂肪を取り除くことができますので、目に見えた効果が期待できます。
麻酔により施術中の痛みはほとんどなく、ダウンタイムも施術部位・範囲によりますが、数日~2週間程度です。
最近では様々な機械が出ており、よりダウンタイムが少なく、凹凸のない仕上がりにすることが可能です。

施術費用
(日本円)100万円~ (施術部位数によります)

施術時間
約1時間 (前後に準備・静養時間として別途1時間必要)

ダウンタイム
数日~2週間程度

アフターケア
数日~2週間程度 (施術当日は、傷口を濡らさないようにしてシャワーは可能ですが、施術後しばらくは、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)
施術部位や吸引量によっては、術後に腫れが生じるのを防ぐため、着圧ストッキング等での圧迫が必要となる場合があります。また、皮膚が硬く感じられる場合もありますが、2週間程度で回復します。
フェイスリフト

施術内容
フェイスリフト
顔のシワ・タルミを改善させる治療を指し、様々な治療法があります。
レーザー照射でコラーゲン生成を促し、タルミを改善するものから、糸を埋め込んでひっぱりあげるもの、外科手術による施術があります。
糸による施術はフェザーリフトと言われ、突起が多数付いた特殊な糸を、頬からからこめかみにむかって顔面内に差し込み、突起を顔面内組織に引っ掛かけて、ひっぱりあげることにより、シワ・タルミを改善します。
ダウンタイムもなく、傷跡も目立ちません。
外科手術では、皮膚・皮下組織を剥離してひっぱりあげ、余分な皮膚を切除してから縫い合わせます。傷跡は耳の後ろや髪の生え際より内側のため、あまり目立ちません。引き上げを行うことで永続的な効果を得ることができますが、術後に腫れが生じるため、施術直後に圧迫固定が必要です。

施術費用
(日本円)60万円~  (施術部位の程度によります)

施術時間
糸 約10分  外科手術 約2時間 (前後に準備・静養時間として別途1時間必要)

ダウンタイム
糸 ほぼ無し  外科的手術 約2週間 (施術当日は、顔以外のシャワーは可能ですが、洗髪は3日後以降となります 施術後しばらくは、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)
プラセンタ注射

施術内容
プラセンタ注射
プラセンタ(胎盤)を注射し、更年期障害の改善や、美肌、アンチエイジング効果を得る治療です。
プラセンタは、様々なビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含み、アンチエイジング効果全般、美肌作用、更年期の改善、肩こり、疲労回復など様々な効果が得られるので、注射やサプリメントにより、摂取することが広く行われています。
胎盤の原料には、牛や馬といった動物由来のものもありますが、日本では、ヒト由来のものが薬事承認を受けており、広く普及しています。

施術費用
(日本円)1回5,000円~

施術時間
3分程度

ダウンタイム
ほぼ無し(制約事項もありません)
PRP(Platelet Rich Plasma : 自己多血小板血漿療法)

施術内容
患者さんご自身の血液を採取し、そこから抽出された「自己多血小板血漿」を用いて、肌の若返り効果を得る施術です。
患者さんご自身から採血した血液を、遠心分離機にかけて成分を分離させ、血液の中に含まれる血小板を多く含む「多血小板血漿」を作り、(必要に応じて成長因子を加えて)患部に注入すると、体内のコラーゲンや細胞の再生能力が高まり、肌の若返りや小じわの改善が得られます。施術自体は10分程度で終了しますが、人体の再生能力を利用した治療なので、効果を実感するまで、数週間程度の日数がかかります。

施術費用
(日本円)30万円~

施術時間
約30分

ダウンタイム
3日程度 (施術当日は、シャワー、洗顔は可能ですが、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)
PPP(Platelet Poor Plasma : 自己少血小板血漿療法)

施術内容
患者さんご自身の血液を採取し、そこから抽出された「自己少血小板血漿」を用いて、ジェル状の組織をつくり患部に注入してシワを改善する施術です。
患者さんご自身から採血した血液を、遠心分離機にかけて成分を分離させ、上澄みの部分「少血小板血漿」を抽出し、機械により熱変性を起こしてジェル状にしたものを、患部に注入して、シワやくぼみを改善する治療法です。患者さんご自身の組織ですので拒絶反応やアレルギー反応は起こりません。持続期間は数カ月程度ですが、即効性があります。

施術費用
(日本円)30万円~

施術時間
3分程度

ダウンタイム
ほぼ無し (施術当日は、シャワー、洗顔は可能ですが、激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください)